MENU

20歳芸人志望、スーパーの品出しのバイト始めます。最近のこと(2018/01/01〜)

f:id:botchinocharisma:20180116014542j:image

 

近所の神社。とても思い入れのある神社だ。

 

17歳の私は学校に行きたくなかった。

 

どうにかして誰にもバレずに学校をサボる方法がないかと私は夜な夜な考えた。

 

そして、ひとつの妙案が浮かび私はそれを実行に移した。

 

いつも通り、朝食を食べ、顔を洗い、母に「いってきます」を言い家を出る。

そのまま学校に行くと見せかけて、近所の神社に行き、そこから携帯で職員室に病欠の電話を入れる。

3時間ほど神社で待機する。

母がパートに行って家を空けたのを見計らって、家に帰る。

 

成功した。

 

「何度も使えないが、嫌いなバスケの授業があるときだけこの方法でサボろう!」

 

私はこの方法で何度も体育のある日は学校をサボった。

 

 しかし、この完全無欠(欠席数クラスワースト1位)かと思われた作戦の謎を解き明かすものが現れた。 

 

体育教師の担任だ。

 

担任「お前が電話してんの家からちゃうやろ!小鳥のさえずりが聞こえるぞ!」

 

雀の涙ほどのうんちがでた。

 

最近のこと。年明け。僕が留守の間におかんが合い鍵を使って部屋に入り、勝手に掃除をしていた「勝手に入んな!お前はゴキブリか!ゴキブリに正面突破させる訳にはいかんから鍵渡せ!」しかし、おかんは頑として鍵を渡さなかった。"おかん"とはそういう生き物だ。その後、おかんと買い物に行った。僕はバルサンを手にしながらおかんに「玄関から入ってくるデカイやつにも効くかな」と皮肉が効いたことを言ったが、おかんは「もっと暖かくなってからでええんちゃう?」と言った。勘の鈍い"中高年"だ。

f:id:botchinocharisma:20180116013155j:image

父親が買ってきた緑のカーテン。ダサいうえにクロマキー撮影できそう。お金に余裕ができれば、僕好みの黒の遮光カーテンに変えようと思う。

f:id:botchinocharisma:20180112223421j:image

おみくじを引いた。吉だった。<安心してことにあたりなさい>と書いてあったので、重い腰を上げて履歴書と証明写真を買いに行った。

 

8日月曜日。成人の日。一緒に成人式行く友達いない兵庫県篠山市4ね。一人でいる時間が多くなったのは小学生高学年の頃からだ。10年近く孤独に生きてきた。人生の通過点"成人の日"にも僕は一人で立っている。この孤独に意味はないのか。長い間温存してきた「個」を解き放つターニングポイントがこの先の人生にあることを願っている。せっかくなので、まだ小さかった時のことを振り返ろう。小学校の制服は学校指定の股下10センチの短パン。僕の小学校生活はスネ毛を晒し続ける羞恥にまみれた日々だった。そんな辱しめは小学生の僕の自意識を静かに暴走させるには十分だった。体育のプールの時間。「将来、熊になるんちゃう?」クラスメイトは僕の水に濡れた小学生らしからぬ濃いスネ毛を見て無神経にもそんなことを言った。だがしかし、先日、僕は二十歳の成人の日を迎えたが、スネ毛の長さはほぼ変わっておらず、熊にはならなかった。

 

12日金曜日。いつもは昼過ぎに起きるが、今日は10時に起きた。12時からバイトの面接があるからだ。久しぶりに携帯のアラームをかけて寝て起きたので、時間を拘束される不快感を思い出した。業種は近くのスーパーの深夜の品出しにした。面接日から憂鬱で到着が時間ギリギリになる。当然やる気なんてない。バックヤードに案内され、店長と対面に座った。履歴書を渡すと開口一番店長に"大学中退の理由"を聞かれた。もう慣れた。業務内容や就業時間、時給の話を淡々と聞き、10分弱で面接は終わった。面接の結果は後日電話で連絡との事。東京ではお決まりだった「不採用の場合は電話ない」というセリフがなかったので、こちらから「電話がなかったら、不採用だったという事でいいですか?」質問したら「前向きに考えているので必ず電話するよ」と言われた。田舎の暖かさのようなものと地方の人材不足の厳しさを同時に感じた。

夕暮れ。ベランダに干してあった洗濯物をしまっていたら、向こうの電線にスズメの群れが止まるのを見つけた。一列に並んで、今日の晩飯は何にするかそんな事でも話し合っているように見える。あんなに寄ってたかって、それぞれ種類の違う晩飯にしないといけないルールでもあるのだろうか。ある者は、ミミズ。またある者は、コガネムシ、ゾウリムシ、バッタ、イナゴ。「カレーうどん!」と大声で僕の夕食を報告したら、みんな何処かへ飛んで行った。そりゃそうだ、僕は彼らの仲間じゃなかった。

 

f:id:botchinocharisma:20180114025415j:image

13日土曜日。Netflix坂元裕二いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』が追加されていたので一気見した。音(有村架純)の母からの手紙の一節が良かった。

恋をするとうれしいだけじゃなくて切なくなったりするね

きっと人がさみしいって気持ちを持っているのは

誰かと出会う為なんだと思います

あと、登場シーンこそ少ないが佐引(高橋一生)の芝居と物語を通しての"存在感"が終始素晴らしかったと思う。マニアックだが、僕は坂元裕二作品のファンだ。先週放送開始されたばかりの最新作『anone』は非常に彼の著書『復書簡 初恋と不倫』っぽい。

往復書簡 初恋と不倫

往復書簡 初恋と不倫

 

僕の一個下の美女広瀬すずちゃんが主演であることは重要ではない。因みに一番好きな作品は『最高の離婚』と『カルテット』です。一個ではない。

 

f:id:botchinocharisma:20180116174717j:image

14日日曜日。今日はamazonprimeに追加された『彼氏彼女の事情』をチェック。設定が秀逸で、テンポもよくて見やすかった。小学生のとき、頭良いキャラを演じていたが、実は算数がめちゃめちゃ苦手でテストの点数が悪いと誰にも見られないようにコソコソ隠していた努力不足な自分を恥じたい。

 

15日月曜日。昼にバイト先から着信。面接に受かった。面接の時点で明言こそされなかったが合格を宣言された様なものだったので、インフィールドフライを落とさずにしっかり捕球したって感じだ。ダリィけど、いつまでもニートしてらんねえからな!まじ関口メンディー

 

最近読んだ本

世界音痴〔文庫〕 (小学館文庫)

世界音痴〔文庫〕 (小学館文庫)

 
東京百景 (ヨシモトブックス)

東京百景 (ヨシモトブックス)

 

 


 

兵庫→東京→兵庫

東京での生活環境 f:id:botchinocharisma:20171228172025j:image

 

現在の生活環境

f:id:botchinocharisma:20171228162104j:image

11月の末に1年半ほど暮らした東京・板橋を離れ、父が運転のトラックで兵庫の片田舎に戻ってきた。"複数の牛丼チェーン店が凌ぎの削っている街"から"牛丼屋はすき家しか選択肢がない町"へ家具とともに移動している車中は、筆舌に尽くし難い喪失感でいっぱいであった。現在は、アパートの実家の部屋とは別の一室を大家さんのご好意で半分の家賃で借りている。育った部屋と全く同じ内装なのだが、別棟なので間取りが逆なのが気になる。4LDKは5人家族だと狭く感じ思春期に不満を言うこともあったが、さすがに1人だと広すぎる。家賃の支払いは来年からでいいそうだ。母から聞いたが、そんな気前の良い大家さんは脳出血で入院中らしい。お大事に。

 

大家さんの病状が安定するであろう頃には、毎月の家賃を払っていくためにバイトを始めなければいけない。バイトの求人の数も少ないので、接客がない深夜のスーパーの品出しでもしようかなと考えている。東京で接客を経験したが、良い客、良い客と続いても次に悪い客が来るかもしれないという くじ引き的要素に嫌気がさしたので二度とやりたくない。しかし、品出しのバイトにどんな同僚がいるのかこれも運。っほんと社会って嫌になる。

 

この前、ツイキャスで東京を離れたことを伝えると「芸人を諦めたのか?」とコメントで質問されたが、もちろん諦めてはいない。実家に戻って生活費が浮くので、お金が貯まればすぐにでも養成所に入ろうと思っている。ここに愚痴を書くと思うが地道にバイトも頑張ります。そもそも、東洋大学に通うために上京したのだが、半年しか通わなかった。辞めた当初は、最小限の負担で済みはしたが奨学金返済の額に病んだり、「大学中退 芸能人」と検索して人気芸人、人気ラッパー、人気青年実業家のウィキペディアの経歴に「大学中退」の文字を見つけて安心したりしていたが、もうナーバスになる時期は過ぎた。僕は前向きに生きる。人生には良いも悪いも、上下もなく、ただ違いがあるのだ。僕は大学を中退した。そして、優秀な芸人を目指す。

2018年も「大学中退をきっかけにお笑い芸人を目指す」をよろしくお願いします。

 

 

お笑い"生産者"が僕のやりたい仕事です。 最近のこと(2017/11/10〜)

 f:id:botchinocharisma:20171117025304j:image

秋も深まり、朝夕は冷え込む季節になりました。...で?そんな天気の話はどうでもいいんです。今回は最近のことをお伝えする前に、僕が考えたネタのひとくだりを読んでいただきたいのです。映画でいうパイロット版です。

漫才「高校野球

○夏になると盛り上がるのが高校野球。高校球児見てると自分もあんな青春送りたかったなーって思いますよね。ほんまに高校球児って爽やかで素敵ですよね。

●そんなね、青春を野球に賭ける高校野球達に贈りたい言葉があるんですよ。

○なに?

ソクラテスの言葉なんですけどね、「ユメニトキメケ アスニキラメケ メザセ コウシエン」

○それ言うたんルーキーズの先生やろ!なんやソクラテスて。

こういう感じでいきたいと思ってます。いかがでしょうか。

f:id:botchinocharisma:20171111231256j:image

金曜日。極楽とんぼKAKERUTV 「ビリはへそピアス!ボウリング最強芸人3時間SP」が最高に面白かった。罰ゲームのへそピアスを賭けたビリ決定戦"品川庄司VSとろサーモン"。久保田さんがへそピアスのプレッシャーで気が狂っちまっていた。途中から暴言しか言ってなかった。罰が"へそピアス"という事で、芸人がボウリングに狂ってしまい、あんなに面白くなるのかと恐ろしかった。

ハイタッチするとろサーモン

f:id:botchinocharisma:20171112005533p:image

f:id:botchinocharisma:20171112005539p:image

抱き合うとろサーモン

f:id:botchinocharisma:20171112005633p:image

f:id:botchinocharisma:20171112005603p:image

長年、ファンだが、こんなにスキンシップとってるの初めて見た。

f:id:botchinocharisma:20171112005821p:image

 

土曜日。ツイキャスで「芸人志望の喧嘩凸待ち」というタイトルで放送した。そうしたら、1人目に「お前は芸人目指してるくせに面白くない」って言う奴が来た。そいつに「具体的にどこが面白くないか教えて」って聞いてみた。そいつは「具体的に答えたくない。具体的に答えないといけない理由を教えろ」と返してきた。会話にならなくて残念だった。おしまい。

 

日曜日。シン・ゴジラをテレビで見た。大迫力のフルCG、飛び交う専門用語、超豪華な俳優陣、長谷川博己竹野内豊石原さとみ...。千鳥ノブさんの石原さとみのモノマネがめちゃめちゃ面白かったのをふと思い出した。

 

月曜日。今日はインターネットで女性が脱糞している動画を小1時間見ました。皆さん、お気づきだろうか。このブログは決してお母さんには見せてはいけないレベルに到達しました。レベルアップ!

 

火曜日。コンビニのお菓子売り場でガンダムコンバージを買った。ガンダムの小っちゃいフィギュアです。

f:id:botchinocharisma:20171115030524j:image

こういうの集めるの趣味にしたいのだが、僕はガンダムを1話も見たことがない。1体買ったのが不思議なくらいガンダムを知らない。もっと知ってるやつを集めたいと思った。ドキュメンタル シーズン4の出演者が発表された。楽しみやなあ。「僕は健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、"お笑い"を愛し、命ある限り、この人生を"お笑い"に尽くすことを誓います。」「ちょっと待ったああ。お前、芸人目指してるらしいけど、舞台立ったこともないただのお笑いオタクじゃねえかあああ。」「......」

 

水曜日。M-1の決勝進出者が発表された。推してるとろサーモンマヂカルラブリー、ゆにばーすが3組とも受かった。面白いと思う漫才師が、ちゃんと認められて嬉しい。僕も「ああならなあかんねや」と思う。「スタンド」「ジョジョ立ち」等の例えを理解するために『ジョジョの奇妙な冒険」をチェックしている。

f:id:botchinocharisma:20171117022444j:image

スターダストクルセイダースまで見終わって「スタンド」は理解できたが、「ジョジョ立ち」がまだわからない。作中のキャラクターが変な立ち方をするもんだと思っていたが、意外とちゃんと立っている。ダイヤモンドは砕けないを見終わっても何のことかわからなければ、グーグル検索する。「ジョジョ立ち」ってなんなんや。

 

木曜日。バイトをバックれてから珍しいことではないが、一日中、家に引きこもっていた。最近読んだ本に「この世に生を享けたからには、文明を発展させるために、自らの才能を生かし働くべき」と書いてあった。社会には"生産者"と"消費者"がいる。今日の僕は3DSドラクエ11をしたり、abemaTVのお笑い番組を観たり、インスタントラーメンを食べたり、社会の誰かが生産したものを消費するばかりだった。お金が稼げる生産的なことは何一つしなかった。僕は20歳。ただ消費するだけが許されるのは中高生まで(最近気づいた)。このままではいけない事はわかっている。ただ、僕は思う。この世で一番つらいこと、それは"労働"だ。高校生の時初めてバイトを経験した時に思った「働くってタリィな」。だが、この社会は"労働"を強制する。どうしても働け?貴様らがそう言うなら、僕は大好きなお笑いで稼げるように頑張ります。これが僕の出した答えだ。お笑い"生産者"に僕はなる。

お笑い芸人を目指す姿勢「インプットを怠らない」 最近のこと(2017/10/31〜)

火曜日。『セッション』を観る。分かりやすくて面白かった。この映画、出演して散々だったニコ生公式でも体罰トークの時に話題に出てた気がする。思い出したくない思い出だ。

池袋の手コキ専門店に行ってきた。自己紹介で「現役大学生」と身分を詐称したら、まさかの風俗嬢が大学生で単位やら必修科目やら込み入った質問をされ、ボロが出まくった。たぶん「こいつ詐称してんな」ってバレていたと思う。ショーンKか!

 

水曜日。『ピンポン THE ANIMATION』を見直した。台詞廻しが秀逸。「この星の一等賞になりたいの、オレは!」

木曜日。abemaTVの『72時間ホンネテレビ』をオープニングからチェック。番組のスタートと同時に元SMAPの3人がSNSを始めた。元SMAPツイッターは既に何十万のフォロワーがいて、初めてのツイートにすごい勢いで いいね の数が増えていく。サイバーエージェントの社長が「始めたばっかりで、この数字はすごいですよ」と持ち上げる。ところが、元SMAPは「これってすごいことなんですか?」と薄いリアクション。ー僕はこの日の昼間にニコ生をやっていた。来場者数は数十人、コメントは「売れないだろうから辞めとけ」「さっさと就職しろ」など無責任なアドバイス。そんなコメントに僕は「てめえらのアドバイスなんか意に介さねえから!ばーか!数年のうちに結果出して二度とそんなコメント打てねえようにしてやる。」と吠えて強がった。自分の存在があまりに貧相に思えた。人間は自分を中心に世界を捉えがちだが、間違いなく世界、少なくとも日本の中心にいるのは圧倒的な数字を持つ彼らのような人間なんだろう。でも!僕はオンリーワry

 

金曜日。GYAOM-1三回戦をチェック。マヂカルラブリーのミュージカルのネタが面白い。野田クリスタルさんが気になって調べてみると、20歳の頃からブログを書いているみたいだ。ブログもオチがあって面白かった。僕はこれの前に書いたSMAPのやつを書き直して しっかりオチを付け足した。新宿のシアターサンモールでロロ『父母姉僕弟君』を観劇。勘違いして同じ新宿にあって名前がめちゃめちゃ似ているシアターモリエールに行ってしまうが、距離間徒歩20分のところにあったので開演には間に合った。めちゃめちゃ名前が似ているのに距離間が20分あることに納得はいっていない。歩いてる時に、狭い歩道で腕を組んで突っ立って訝しげに100円ローソンを眺めているジジイにイラっとした。100円ローソン初めて見たんか?なぞーいきもーい。なぞきもーい。東京に来てからお芝居観に行くのにハマってる。シティーボーイ気取ってる。東京はカルチャーが身近。引きこもり気質の僕も動画には無い臨場感を求めて外に出るのです。カルチャーに造詣がふかーい。

 

f:id:botchinocharisma:20171104191637j:image

土曜日。ラジフェスが行われている赤坂TBSへ。観覧の抽選に当選していたので、前から4、5列目くらいの所から観れた。太田さんが72時間テレビに出演した話題で、「サイバーエージェントの藤田社長の豪邸には9人の死体を隠してある部屋がある」っていうボケで笑いとっていて すげえなって思った。やべえわ。あと、革ジャンが似合っていた。

 

日曜日。72時間ホンネテレビの最終日。正直滑ってる企画の時間が多かったが、3人の作り出す空気感に4日間夢中になってしまった。オープニングパーティの爆笑問題の暴走、オートレース場での森くんとの再会は特に面白かった。インターネットテレビだからこその"垂れ流し"が良かったんだろう。エンディングの72曲ライブは、慎吾ちゃんがスマホを片手に歌っていた姿が象徴的だった。

f:id:botchinocharisma:20171107002819p:image

f:id:botchinocharisma:20171107002830p:image

時代の変遷とともにエンターテイメントも進化しようとしている。気がする。最後の森くんの「ずっと、ずっと仲間だから」ってメッセージにグッときた。木村ァ観てたぁ?

 

月曜日。ラスタ原宿で『ゆにばーす川瀬presents蘇る千葉ゴウ〜相方探し編〜』を観てきた。M-1準決勝でやられる予定のホテルのネタが、前見た時より洗練されていて無駄なボケが一つもない とてつもない完成度だった。

20歳芸人志望、コールセンターのバイトばっくれました。

 f:id:botchinocharisma:20171031010451j:image

前回のエントリーより

火曜日。自分で言うのもなんだが、僕はもっと楽しんで生きるべきだと思う。もっと外に出て色々な人と出会うべきだと思う。もっとバイト先の人と気さくに喋るべきだと思う。もっと自炊するべきだと思う。今のコールセンターのバイトがすごくストレスだ。僕のストレスに効果的な解消法はない。簡単に解消できるストレスやったら、そもそもストレス溜まらんねん。原因を潰さないと。ああバイト辞めてぇー。

これを書いた約一ヶ月後、10月26日。僕はなんの前触れもなく、週5で通っていたコールセンターのバイトに突然行かなくなった。バックれた。上京してバイトをコンビニ、軽作業、コールセンターとやってみたが、半年以上続いた試しがない。「バイトが楽しい」なんて言う人は理解出来ない。バイトはツライ。退屈。やりたくもないことして、金集めようってこと自体間違っているんだと思う。楽しい仕事をして楽して生きたい。




 

2ちゃんねる西村博之に「芸人向いてない」って言われました。 最近のこと(2017/10/06〜)

f:id:botchinocharisma:20171014031133j:image

2017年9月23日。僕はニコニコ生放送の公式番組に出演しました。結果は散々で、大喜利ができると自己紹介したら、謎かけのお題を出されたり、政治的な意見を言うコーナーでボケを繰り出したら、誰にも突っ込まれず滑ったり、挙げ句の果てには2ちゃんねるの創設者西村博之に「芸人向いてない」的なことを言われました。帰りの電車での自己嫌悪。これが"スベる"ってことか、とお笑い芸人という職業への認識が深まりました。ただ、あの日の僕は、あの場にいた"ただ口数が多いだけで面白いこと言わないニコ生主"以下でした。自分の非を認め、芸人志望として これからも精進します。

        大学中退をきっかけにお笑い芸人を目指す

 

金曜日。

恋は永遠 愛はひとつ
夕暮れの街 泣いたり笑ったり
白いブラウス 溶かしてよメロディ
ストロベリーフィールズの夢
セブンティーンアイス うんめー

銀杏BOYZの新曲「恋は永遠」。歌詞もメロディーも、とても素敵です。こんな素敵な曲のような漫才やコントを作りたいと思いました。

 

土曜日。ドラクエ11を買おうと思い立つ。僕はポケモン世代なので、ドラクエ1〜10は一つもやったことがない。これをバイト先でも話したら引かれた。同じ平成9年辺り生まれの方に聞きたいのだが、普通ドラクエやらんよね?ポケモン世代やったら人生でドラクエやるポイントなかったよね?初ドラクエ。パッケージ版かダウンロード版で悩んだが、何故かダウンロード版の方が1000円高いという謎の価格設定が最後まで腑に落ちなかったので、パッケージ版を買うためにダイエーにバイト前寄った。しかし、そのダイエーにはゲーム売り場がなかった。絶対文房具売り場と同じ階にあると思っていたのになかった。ゲーム売り場がない複合商業施設なんてやめてしまえ。仕方なくバイト終わりに、コンビニでダウンロード版を買った。

 

日曜日。ドラクエ11たのしい。もう10時間以上やっている。マルティナっていう女キャラでオナニーもした。時間忘れられて最高。ゲストが千鳥さんだったので、おしゃれイズムを見た。麒麟川島さんの「大悟は尖っていた。(大悟とは)最初の5年喋ったことない」というエピソードが印象的だった。

 

月曜日。彼女ができない。東京で天涯孤独とも言えるバイト生活を送り、暗い部屋で日々自慰に明け暮れている。僕は恋愛をすることなく、iPhoneに保存している"可愛い女の子の画像"を眺め続け死んで行くのか。もうどうせなら"可愛い女の子の画像"の人としか付き合いたくない。武田玲奈と結婚したい。

 

火曜日。自分で言うのもなんだが、僕はもっと楽しんで生きるべきだと思う。もっと外に出て色々な人と出会うべきだと思う。もっとバイト先の人と気さくに喋るべきだと思う。もっと自炊するべきだと思う。今のコールセンターのバイトがすごくストレスだ。僕のストレスに効果的な解消法はない。簡単に解消できるストレスやったら、そもそもストレス溜まらんねん。原因を潰さないと。ああバイト辞めてぇー。

 

水曜日。

f:id:botchinocharisma:20171012030152j:image

藤岡拓太郎作品集「夏がとまらない」を読んだ。「電車内で退屈したので窓から飛び出す人」と「ギャル 怒りの高校受験」が好きです。

 

f:id:botchinocharisma:20171014025444p:image

木曜日。Amazonプライムビデオ「戦闘車」。この番組名をツイッターで検索すると、ブチ切れてる車好きのツイートがたくさんあるが、豪華なセット。迫力のある映像。とても見応えがある。ドキュメンタル、カリギュラ、特攻フルスインガー、野性爆弾千原ジュニアの〇〇-1グランプリ、戦闘車。吉本制作の番組がどれも面白い。

初メディア出演!?芸人志望がニコ生公式生放送に出演決定!

f:id:botchinocharisma:20170911014325j:image

f:id:botchinocharisma:20170911014356j:image

なんとなく出演者の募集に応募したところ、ニコ生で全く数字を持っていないし、そもそも殆ど放送もしていない私「大学中退をきっかけにお笑い芸人を目指す」が選考に通ってしまいました。あの西村博之氏を始め、ニコ生界で名を馳せる優秀な生主が名を連ねる中、個人名ではなく訳のわからないブログのタイトルを名乗る私の異端っぷり。

f:id:botchinocharisma:20170911020043j:image

恐らくだが、ブログのタイトルを名乗ったことが私の名刺代わりになったんだと思う。名前の意味を汲み取った公式生放送の運営は、芸人を目指しているという若者のポテンシャル、そして実際に私のニコ生の録画、ブログの文章を拝見されて、この私「大学中退をきっかけにお笑い芸人を目指す」に期待と信用をしオファーをしてくださったのだろう。

このニコ生公式生放送に出演するということは つまり、20歳にして初のメディア出演になる。この番組は放送後、YouTubeに転載格納され、私が人気芸人になれば貴重映像として紹介される時が来るはずだ。となると、この番組出演で私は芸人を志す者として、"振られればボケる"姿勢を提示しなければいけないし、容易く滑る訳にはいかない。なので最低限の準備は尽くそうと思う。必ずマイクが回って来る自己紹介、想定されるであろう質問への返し、声を張っておしゃべりすることを忘れない固い意思。これらを万全に準備する為に、23日までニコ生の頻度を増やしたいと思います。お時間合えばお相手お願いします。

http://com.nicovideo.jp/community/co3382203