読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

芸人志望が1ヶ月働かずに進撃の巨人読んでた

好きな漫画は「進撃の巨人

好きなキャラクターは「ミカサ・アッカーマン」

f:id:botchinocharisma:20170423164046j:image

僕(童貞)はショートカットでボーイッシュな容姿の女性が好みなのだ。欅坂46で言う所の志田愛佳ちゃんだ!嵐で言う所の5人全員だ!ホモなのかもしれない。

ミサカのセリフで好きなのが、

「そんなことないよ」

僕も言われたいです。僕は中二で若白髪が発見されるくらい神経質な人間で、日々愚かで醜い自分を嘆き苦しんでいるので言われたいものです、「そんなことないよ」と。

 

進撃の巨人読んでると、イメージで浮かぶのは育った田舎の盆地です。

山=壁。

諌山先生のインタビュー読んでると、先生も田舎出身でその様な構想でも書かれたらしいです。

当時は、この壁のような山に囲まれたこの町を窮屈に思い、その心境は、さながら「いつかこの壁の外に出て広い世界に~」といったような、進撃の巨人の主人公の行動原理。物語のプロットは、この時に形成されたようです。この大山町が、進撃の巨人の舞台になってるのです。

田舎の環境や親に反抗して上京し、一年が経ちましたが、社会に出てみると、自分の理想とは違う世の中の仕組みに淘汰され、辛い思いをしました。

奨学金返済の請求書の額を確認して震えて、親に申し訳なくなったり。

リヴァイ兵長のセリフに

「自分の力を信じても・・・信頼に足る仲間の選択を信じても・・・

・・・結果は誰にもわからなかった・・・」

「だから・・・まぁせいぜい・・・

悔いが残らない方を自分で選べ」

僕は親の反対を押し切り、大学に進学しましたが、結局、経済的負担や大学生活に馴染めないことから、半年で中退しました。

自分で決めた選択とはいえ、親に金銭的な迷惑をかけましたし、心配もかけました。それに奨学金返済という足枷がついて回ります。

後悔していますが、 自分で決めたことなので、受け止めて前に進もうと思えます。

 

  そんな感じで、1ヶ月働きもせず、進撃の巨人読んでは2ちゃんの考察読んでばかりでした。

もう完全にレペゼン諌山です。アハーン。