読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
MENU

インターネット芸人(僕)待望論

お笑い芸人の活動の場は大きく3つに分けられるだろう。

「テレビ」「ライブ」「インターネット」

 

 僕はインターネット界のダウンタウンになる - 大学中退をきっかけにお笑い芸人を目指す

 

過去のエントリーでも書いたように、僕は3つ目の「インターネット」を中心に芸人として活動したいと思う。

大学を中退した直後このブログを始めたのも、以前からそのような芸人の新たな理想像を思い描いていたからだ。 

最近、テレビのCMで印象的だったものがある。f:id:botchinocharisma:20170213140742j:image

広瀬すず&大原櫻子、CMでジャスティン・ビーバーと“共演” ソフトバンク新CM「宣言」編 - YouTube

「初めて持った携帯電話がスマホ」というような若い世代が、これから世に出てくる期待を主張し、かつ学生割引プランを宣伝するCMだ。

僕も初めてケータイを持ったのは、高校入学のとき。Androidスマートフォンだった。今は機種変更してiPhoneだし、ガラケーは持ったことがない。

そんな10代の頃から、スマホ、パソコンを所持し、インターネット文化に触れ育ってきたのがちょうど今大学生の世代。

僕は中退して芸人を目指しているが、これから様々な分野で若い有能な人材が突出してくるだろう。自分を含めたことながら、わくわくしている。